国民年金だけでは足りない?老後資金の準備は確定拠出年金で!

確定拠出年金は使わなければ損

自営業をしている人は、厚生年金や共済年金に加入することができません。国民年金には加入ができるのですが、きちんと保険料を支払っても、月々六万円ほどしか支給がされません。また、支給年齢が上がるとも囁かれていますし、もしかすると支給額が減るということもあるかもしれません。これでは、老後の生活も不安になります。国民年金だけで生活をしなければいけない状況を回避するために、他の制度も利用していきましょう。幸い、確定拠出年金なら自営業者の人でも利用可能です。控除枠は年間80万円ほどあり、毎年フル活用をしていけば、60歳の時点でかなりの大金が受け取れるはずです。この制度を使うだけでも、老後の生活は大きく安定します。節税にも繋がりますし、運用益に課税がされないため、通常の投資よりも効率よく資産形成ができます。自営業を営んでいるなら、この制度は使わないと損です。

個人型確定拠出年金はイデコとも呼ばれている

確定拠出年金は非常に素晴らしい制度なのですが、いまいち認知度が上がっていません。特に自営業者の人が加入をする個人型の確定拠出年金の人気が上がってこないのです。政府は何とか加入割合をアップさせようと、イデコという愛称を付けて広報活動を進めています。イデコの方が確定拠出年金という堅苦しい名前よりも親しみやすいということで、加入者増が期待されています。最近はCMでもイデコというワードが使われていて、徐々に認知度は上がってきています。確定拠出年金の加入者が増えるということは、個人投資家が増えるということでもあります。その人の老後生活の安定はもちろん、日本経済の活性化にも繋がるので、広告費をかけてでも浸透させようと政府は努力をしています。

イデコとは個人年金のことです。国民年金や厚生年金とは別で、自分で将来のために積み立てることができる商品です。