社会保険労務士として働く前に知っておきたいこと

社会保険労務士が担当する仕事

社会保険労務士が担当する仕事は保険や労働などに関する分野となっています。たとえば、将来的に受け取ることになる年金の知識に長けているので、受給に必要な期間が足りているかどうか知りたい時、加入していたはずの記録が消えていたりなど、年金に関して困る事態が発生した際に相談することができます。また、社会保険労務士は就業規則を作成できるくらいの知識を有している専門家なので、代行を依頼すれば希望を満たしており、法を守っている就業規則を作成可能です。ただ、社会保険労務士として仕事をするためには、まず資格を取得しなければなりません。難易度の高い資格なので合格率は低めですし、試験のチャンスは年に1回です。そのため、合格するためにはじっくりと勉強する必要があります。

実現可能な働き方を知る

社会保険労務士の資格を取得した場合、実現可能な働き方がいくつかあります。まず、社会保険労務士の事務所に勤務する働き方です。経験を積むという意味で取得後は事務所に勤務する道を選ぶ人は多いです。ただ、ずっと事務所に勤務しているだけでは希望している収入に満たない可能性があります。そのため、事務所に勤務した後は独立するケースは少なくないです。独立ということは自分が経営者となるので、社会保険労務士としての仕事だけではなく、どのようにして事務所の売上や利益を増やすのか、従業員を採用するのかなど色々な問題への対処が求められます。社会保険労務士の事務所に勤務したり、独立したりという道の他には有資格者として企業で働く選択肢も残されています。

社会保険労務士の就業規則を定める際のルールは、労働者のやる気を起こし、会社の業績を上げる事です。また、会社のリスクを減らす事も重要です。