相続放棄をしたい!そう思った時にやるべき事と注意点

相続をしてもプラスになるとは限らない

相続とは、亡くなった方の遺産を子供や配偶者といった相続人が承継するといった法的手続きになるのですが、その際には貯金や不動産といった正の遺産だけではなく、借金等の負の遺産も全て込みで相続される事になります。ですので、相続財産がプラスになればいいのですが、場合によってはマイナスになってしまい、相続をしない方が良い場合もあるでしょう。では、そういった際にはどういった手続きを行えば良いのでしょうか。

相続放棄をするための手続き

自分が相続人であり、被相続人の遺産を承継したくない場合は相続放棄の手続きをする必要があります。その方法として、相続人は自己のために相続が開始された事を知ってから三ヶ月以内に、被相続人が最後に居住していた場所を管轄している家庭裁判所に「相続放棄申述書」「相続人の戸籍謄本(若しくは除籍謄本や改製原戸籍)」「被相続人の住民票除票(若しくは戸籍の附票)」等の必要書類を提出する事になります。それらが無事に受理され手続きが完了した場合は相続放棄申述受理通知書が自分宛てに送付されますので、そちらを受け取って手続き完了といった形になります。

相続放棄をする際の注意点

相続放棄をする際の注意点としては、まず期限付きである事が挙げられるでしょう。自分が相続が開始された事を知ってから三ヶ月以内に行わねばならず、もしそれを超過してしまった場合は単純承認と見做されてしまうため、この点は気をつける必要があります。また、生前良好な関係を築けていれば良いのですが、もし音信不通等になってしまっていた場合は、被相続人の住所を辿る必要があるかもしれないため、手続きは早めに行った方が良いと言えるでしょう。

相続税の相談を横浜で検討している場合、親身な対応に定評のある税理士へ相談することで、より的確なアドバイスが期待できます。